医師の求人が多い理由とは

病院からの依頼で勤務する医師を紹介しています

病院からの依頼で勤務する医師を紹介しています医師は常に売り手市場。独立開業も多い診療科目で人材が偏っている現状

私は病院から依頼を受けて欲しい医師を調べて紹介し、勤務してもらうための斡旋を行う業務を担っています。
病院というのは医療関係者や事務職と雑務などの業務にわかれていて、事務職や雑務の仕事を行っている人は移動が少なくなっています。
ただし医療関係者は離職者が多くなっているという特徴が存在していて、病院を退職する理由にはいくつかの種類があります。
業務が激務であることで肉体的に疲弊するというものもあれば同僚や患者との人間関係、自分が希望する収入が得られないなどが主な理由です。
また看護師は女性が圧倒的に多いので結婚や妊娠をすると離職する可能性が高く、再び戻ってくる場合もありますが、そのまま退職してしまうことも多くなっています。
日本では高齢化が急速に進んでいるので医療従事者の需要は常に高くなっていますが、それに対して離職者も相当数いることで求人が多くなっているのが現状です。
医師が退職するのは大部分が収入に関する不満からですが、大学で通常よりも長いカリキュラムを受けてから難関の国家試験に合格しなければいけないので、高い収入を得たいという気持ちを持っているのも理由になっています。
また人間の命を預かる大切な仕事なので、他の職業と比較しても高い報酬を得ても当然であるのは間違いありません。
それは理解できますが、医師になって経験を積むと独立開業を目指すようになるので、これが退職という考え方を持つ大きな要因になっていると実感しています。